こづたびBlog

子供を連れた旅行-こづたび-

MENU

世界遺産登録の西表島でマングローブカヤックとトレッキング!

2021年の夏休みに3泊4日石垣島西表島に子連れ旅行してきました。

 

このブログの記事では、西表島にてマングローブカヤックとトレッキングのツアーに参加した時の様子や感想をまとめています。

 

 

西表島

西表島 マングローブ

 

基本情報

西表島は、沖縄県八重山諸島の島の1つです。

島には固有の動植物が多く生息し、その多様性から2021年に世界自然遺産に登録されています。

 

アクセス

船一択です。

石垣島の離島ターミナルから直行便が出ています。乗船時間は約一時間。

海の状態によってはだいぶ揺れます。

今回は台風通過後ということでジェットコースターに乗っている気分でした。

 

 

西表島の子連れおすすめポイント

西表島固有の動物が見られる

西表島 セマルハコガメ

世界自然遺産に認められるほど、西表島には多種多様な動物が生息しています。

今回の西表島訪問では、ミナミトビハゼセマルハコガメ、オオシオヒメマネキなどの生き物が観察できました。

 

日本最大級のマングローブ林が体験できる

西表島 マングローブ

西表島は島の90%が手つかずの自然として保護されています。その自然の中には日本最大級のマングローブ林があり、迫力のあるマングローブ林を見ることができます。

本州では見れないマングローブ林を満喫することができました。

 

子連れでマングローブカヤックとトレッキングツアーに参加してみた!

西表島 マングローブ カヤック ツアー

子連れでカヤックやトレッキングはできるの?

今回予約したツアーは3歳から参加可能なツアーでした。

カヤックは二人乗りで後ろで親がコントロールすれば、幼児でも十分楽しむことができました。

トレッキングについては、今回、比較的短距離のルートだったのでなんとか下の子も歩ききれました。一部足場が悪かったり、段差が大きかった部分があるので、3歳になったばっかりや運動苦手なお子さんだとちょっと難しいかもしれません。

 

3歳未満のお子さんの場合、クルーズ船でも川からマングローブ林を楽しむこともできるので、そちらのツアーの検討をお勧めします。

 

マングローブカヤックとトレッキングツアー概要

開催時期:通年

 

対象:3歳以上

 

ツアー主催:漕屋KAGUYA

 

料金:大人 6,000円、子供 5,000円

じゃらんを通して予約可能です。じゃらんではマリンスポーツの遊び割引クーポンが良く発行されているのでタイミングが合えば、これより安く予約できます。

 

時間:半日

 

ツアースケジュール

13:30 西表島上原港に集合

車で海まで移動し、カヤックの準備

(ここで服を脱ぎ、下に来ていた水着になります。そのほかレンタル無償の装備も装着します)

14:00頃 海から上流に向けてカヤックスタート

2人づつ分かれてカヤックに上船。

流れも緩やかなので子連れでも安定して乗っていられます。

14:20 浅瀬まで来たらトレッキング

カヤックを降りてトレッキングスタート。

トレッキング中は色々な生き物や植物を見つけながら進みます。

ガイドさんが色々教えてくれるので勉強になりました。

14:40頃 クーラーの滝到着

トレッキングの終着点クーラーの滝では滝壺で水遊びができます。

水遊び後は、あったかいコーヒーと甘いパイナップルで休憩できます。

 

15:30 元のルートをたどって出発点の海まで戻る

 

16:30 シャワー・着替え

シャワーは本来冬季のみのサービスだそうですが、今回は好意で利用させていただきました。

ぬれるのはクーラーの滝の真水のみなので、真夏はそのうち乾いてしまいますが、シャワーがあるとすっきりするので大変ありがたかったです。

 

17:00 上原港まで送ってもらい終了

 

ツアー中のコロナ対策

今回は、コロナ禍で人数制限もあり、この時は我が家だけのプライベートツアーとなりました。

トレッキング終着点、クーラーの滝ではほかにもお客さんがいましたが、お互い譲り合って時間をずらして遊んだため、ソーシャルディスタンスを保ちながら沢遊びが出来ました。

 

また、今回のツアーのガイドさんは最初から最後まできっちりマスクをされており、安心感がありました。

 

マングローブカヤックとトレッキングツアーの感想

西表島 クーラーの滝マングローブカヤックとトレッキングでいろいろな動植物が観察でき、貴重な体験ができました。

また、カヤックは川の流れが穏やかなので幼児ずれでも不安はありませんでした。

 

トレッキングは一部足場が悪い部分ありますが、ゴールのクーラ―の滝まで到達した瞬間の爽快感は何とも言えません。滝つぼでのスイミングも子供たち大はしゃぎでよい思い出です。

 

まとめ

西表島石垣島からフェリーで一時間程度で行くことができ、世界自然遺産の名にふさわしい素敵な島でした。

世界自然遺産に登録されたことで、今後、入島できる人数などが制限されるかもしれないというお話でした。

 

宿泊施設もあるので、今度訪問する機会があったら、朝のマングローブなども堪能してみたいなと思いました。

フサキビーチリゾート&ヴィラは充実の設備で子連れに◎【宿泊口コミレポ】

フサキビーチリゾート&ヴィラズ 石垣島

2021年の夏休みに行った石垣島への3泊4日の子連れ旅行。

3日目の夜にフサキビーチリゾート&ヴィラズへ宿泊した時の情報や感想をまとめています。

 

子連れ旅行でとっても子供が楽しめ、大人はリゾートを満喫できるホテルでしたので、これから子連れで宿泊予定の方や石垣島で子連れでリゾート滞在できるホテルを探している方の参考になれば幸いです。

 

それでは、子連れフサキビーチリゾート&ヴィラズの宿泊口コミレポをご覧ください♪

 

 

フサキビーチリゾート&ヴィラズ

宿泊メンバー

旅パンダ父(40代会社員)、旅パンダ母(30代主婦)、小学生、幼稚園児

 

ルームカテゴリー

フサキビーチリゾート&ヴィラズではヴィラスタイルのお部屋と新しくたったホテル型のお部屋があります。

 

予約したのは、ヴィラスタンダード。

ヴィラタイプのお部屋でフサキビーチリゾート&ヴィラズの中では一番お手頃な価格のお部屋です。

幼児は添い寝無料、小学生は残念ながら大人と同額でした。

 

今回は日本旅行から申し込みして1泊、大人2名、子供1名、添い寝幼児1名、朝食付きで64,200円。

どのサイトを見てもあまり料金は変わりませんでした。

宿泊費が高い石垣島、夏休みハイシーズンということでだいぶお高いです。

 

昔にふるさと納税の返礼品としてもらった日本旅行のギフトカードを利用したので、実質負担は4,200円で収まりました。

 

アクセス

石垣空港からは30分足らず、ユーグレナ離島ターミナルからも車で15分ぐらいでアクセスできます。

石垣島の南西部に位置し、市街地からは離れているので、ホテル施設以外では飲食店などを徒歩圏で探すのは難しそうです。

 

住所:沖縄県 石垣市新川1625

 

フサキビーチリゾート&ヴィラズの共用スペース

エントランス・ロビー

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

フサキビーチリゾート&ヴィラズのエントランスロビーは、高級ホテルにふさわしいリゾート空間が広がっています。

エントランス入って真ん前に広がるガラス窓からはプールや海が見え、解放感ある景色にテンション上がります。

 

敷地内ガーデン

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

ロビーの先には屋外ガーデンが広がっています。

敷地が広いので移動するときはカートで送迎してもらいます。

 

プール(屋外・キッズ•インドア)

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

フサキビーチリゾート&ヴィラズのプールは、屋外プール、キッズプール、インドアプールと三つあります。

 

残念ながら台風の影響で屋外プールが使用禁止でしたが、写真のように遊具と合体したキッズプールやスライダーがある広々インドアプールで十分楽しめました。

 

プライベートビーチ

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

残念ながら台風の影響でビーチは荒れており、有名な桟橋も台風対策で骨組みだけになった状態。

 

本当ならシュノーケリングで珊瑚や魚などが見れる予定でした。

 

ランドリー

ランドリーは敷地内に何か所があります。

一箇所あたり二台しかないので誰かが使っていると中々使えないかも。

洗濯機と乾燥機が別々のタイプで、全自動に慣れている身としてはちょっと不便。

 

売店

敷地内に売店があります。

ジュースなどの飲み物や食べ物などに加えて、ちょっとしたお土産もここで購入可能です。

 

大浴場

大浴場が男女1つづつあります。

そこそこ混んでいたので気になる方は部屋のお風呂がいいかもしれません。

 

フサキビーチリゾート&ヴィラズの客室

ヴィラ外観

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

宿泊したヴィラの外観です。

赤瓦や石垣が南国ムードを盛り上げてくれます。

 

敷地が広大なので、チェックイン後カートで送迎してもらいました。部屋からも内線でお願いすると迎えに来てくれます。

 

ベッドルーム

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

ベッド2台にエキストラベッド1台でした。木目調の落ち着いた雰囲気の室内です。

このスタンダードヴィラは比較的古い建物ですが、十分くつろげるお部屋でした。

 

ちなみに周りに木々が茂っている関係で窓を開けると蜘蛛などの虫が入ってきます。

 

バスルーム(ユニットバス)

スタンダードヴィラは、バストイレ一体型のユニットバスです。

写真を撮り忘れましたが、いたって普通のユニットバス。

小さい子供連れだとちょっとお風呂に入れづらいかも。

 

大浴場もあるので、広いお風呂が良ければそちらへ行くとよいかと思います。

 

アメニティ

アメニティは一般的なものがそろっています。

子供用の部屋着も用意してくれました。

 

 バルコニー

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

ベランダは椅子もあり、ゆったりと外を眺められます。

 

Wi-Fi環境

普通利用している分には通信速度は十分で、特に不便に感じることはありませんでした。 

 

フサキビーチリゾート&ヴィラズの食事

琉球新天地

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

今回は夕食、朝食ともに琉球新天地という八重山料理とアジアンテイストの融合したレストランを使用しました。

 

夕食

 

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

子供たちは八重山そば石垣牛のたたきなど八重山料理中心に、大人はチリクラブやタンタンメンなどちょっとアジアンな料理を注文。

おいしくてお腹いっぱい食べました。

 

朝食

 

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

朝食は石垣キッチンと琉球新天地のどちらでもOKとのことでしたので、ヴィラから近い琉球新天地のバイキングへ。

一般的な朝食バイキングのほかに、中華がゆなどのメニューもありました。 

 

フサキビーチリゾート&ヴィラズの総評•感想

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラズ

今回、夏休みかつ連休という条件のためかなり宿泊費は高くなっていました。また、自然のことなので仕方ないですが、屋外プールとプライベートビーチが使えなかったことは残念でした。

 

それでもキッズプールやインドアプールなどはかなり充実しており、子供たちは十分楽しめます。

 

またヴィラタイプのお部屋にあまり泊まることがないのでリゾート気分が満喫できました。

設備やサービスが充実してるので、快適な休暇が過ごせるホテルです。

 

 

【石垣島子連れ旅行記】家族4人かかった費用とおすすめプラン

石垣島 

石垣島やその周りの離島には子供たちが楽しめるスポットや子連れ旅行におすすめのコースはあるのかな?」

石垣島子連れ旅行の合計費用って、家族で行くといくらかかるのかな?」

 

エメラルドグリーンの海や濃い緑の生い茂る木々と海も山も自然に溢れる「石垣島とその周辺離島」。

 

大人だけの旅行であれば、とにかくコスパ追及で弾丸プランや、贅沢なリゾート旅など自由にプランを考えられます。

 

しかし、子供が産まれ、子連れ旅行となると子供のことを考えたプランが必要です。

 

今回のブログでは、私たち家族4人(夫婦&小学生&幼稚園児)が2021年夏休みの3泊4日石垣島と離島のうち西表島滞在で回ったおすすめコースや使った費用を大公開します。

 

この記事はこんな人におすすめ!  石垣島ってどんなところか気になった方
・子連れ旅行で石垣島へ行ってみたい方
・沖縄の離島へ子連れ旅行してみたい方

 

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

 

3泊4日石垣島プラン

石垣島子連れ旅行1日目 石垣島へ移動

新型コロナPCR検査センター羽田空港第二ターミナル店で抗原検査

羽田空港 PCR

直前で沖縄、北海道へ渡航する人は無料でPCR検査制度ができたため、検査センターは予約でいっぱいでした。

何人か受付でお断りされてました。

 

抗原検査は、自分で鼻粘液を取って提出。

15分ぐらいで結果が通知され、陰性証明のカードがもらえました。

 

ノロノロ台風の影響で羽田空港に足止め

旅行の一週間前に発生した台風6号石垣島のある八重山諸島を直撃。

 

当初旅行初日には台風通過予定でしたが、スピードが遅く、さらに一度戻ってくるという摩訶不思議な進路のせいで出発前日になっても通過の見込みが立ちませんでした。

 

前日の段階で11:25分のフライトは13:55へと出発遅延確定の連絡。

 

羽田空港でできる新型コロナの抗原検査の予約を10時にしてしまったので遅延したからといってゆっくり出発というわけにはいきません。

 

遅延時間分羽田空港で時間を潰すことに。

 

羽田空港内でお昼ご飯

フライト遅延、かつ、天候調査で欠航の可能性があるため直前まで搭乗手続きができません。

チェックインできないのでラウンジなどにも行けず、空港内の飲食店でお昼ご飯に。

 

上と下の子の食べたいものが合わなかったので二手に分かれて行動。

下の子のリクエストで鶏塩ラーメンを食べました。

 

やっと飛行機に搭乗、でも引き返しもあり!

約3時間遅延の14:18にやっとテイクオフ。

もしかしたら羽田空港に引き返すかもという条件付きなので、着陸するまで安心できませんでした。

飛行時間は3時間。

ちょっと行けば台湾という立地です。

 

石垣島に近づくにつれ揺れはひどくなりビビりながらも、17:14に無事着陸。

 

南ぬ島 石垣空港到着

南ぬ島 石垣空港

石垣島におりたち、まずはレンタカーのピックアップ。

今回は沖楽レンタカーのサイトを使ってフジレンタカーを予約。

 

石垣島は風は強いものの台風自体は通過したようで薄曇り。

 

本当は近くのビーチに行こうと思っていましたが、すでに夕方近くなのでそのまま宿泊ホテルへ移動しました。

 

ベッセルホテル石垣島にチェックイン

ベッセルホテル石垣島

楽天トラベルから2泊朝食付きで予約。

新しくはないですがきちんと清掃はされており、ビジネスホテルですが、広さも十分。

 

離島ターミナルや飲食店なども近くにあり立地も○。

 

なにより、石垣島はホテル代がとても高いので、お手頃価格のこのホテルはとても助かります。

 

こてっぺんで夕食をテイクアウト

石垣島 こてっぺん

こてっぺんは、沖縄料理や石垣牛のメニューが豊富な居酒屋さんです。

今回はテイクアウトして、ホテルの部屋で食べました。

 

刺身以外のものは基本テイクアウトできるとのこと。

 

事前に電話注文して、受け取り可能な時間を聞いてから引き取りに行きました。

 

てびちの唐揚げが有名なようです。

全体的に子供も食べやすい味で完食しました。

 

石垣島子連れ旅行2日目 西表島マングローブカヤック

 

ユーグレナ離島ターミナルから西表島上原港へ

ユーグレナ離島ターミナル 石垣島

台風の影響は残りつつもなんとか欠航を免れたフェリーで世界遺産登録された西表島へ。

 

台風のせいで高波がすごく、ジェットコースターに乗っている気分。

下の子は怖かったようで両手で手すりを持って固まってました。

 

揺れるので船酔いするかな?と心配していましたが、意外と大丈夫でした。

 

八重山観光フェリーと安栄観光がフェリーの2社があり、どちらでも同じ場所に着きますし、だいたい同じぐらいの時間に出発します。

ただし、往復割引の乗船券を買うと行きも帰りも同じ会社にする必要があります。

 

深く考えずに安栄観光を選んだら、新型コロナウイルスのため、帰りの便が一部欠航しており西表島で1時間ぐらい待ちました。

八重山観光は欠航していなかった、、)

 

西表島マングローブカヤック

西表島 マングローブ カヤック

元々は、西表島アレンジツアー漕屋KAGUYAさんで、午前中西表島のすぐそばにある由布島で水牛体験や植物園、ランチなどをして、午後に西表島マングローブカヤックというツアーに申し込んでいました。

 

しかし、台風6号の影響で由布島自体が閉鎖となってしまったため、午後のマングローブカヤックのみに変更。

 

ツアーは、海からマングローブに囲まれた川をカヤックで登っていき、途中から少しだけトレッキングして、クーラーの滝を目指すコースです。

 

いろいろな西表島固有の生き物も観察でき、滝壺では水遊びやおやつタイムもありで、大人も子供も満足な体験でした。

 

西表島に戻っててっぺんで夕食テイクアウト

石垣島 てっぺん

1日目の夜に夕食をテイクアウトしたこてっぺんと同じ系列のてっぺんで夕食をテイクアウトしてホテルで夕食。

 

西表島で帰りのフェリーを待つ間、電話にてテイクアウトの予約を入れておいたのでスムーズに受け取り完了できました。

 

ハズレのない料理ばかりで美味しかったです。

 

石垣島子連れ旅行3日目 川平湾•フサキビーチリゾート

 

有名観光地 川平湾で観光

石垣島 川平湾

朝食を食べ2晩お世話になったベッセルホテル石垣島をチェックアウトし、石垣島の観光名所川平湾へ。

 

川平湾は透明度が高く、船が浮いているように見えることで有名です。

 

朝のうちに訪れたのですが、日光を遮るものがなく暑さにやられ、近くのかき氷屋さんに避難。

 

天気も良く本当にきれいな湾でしたが、夏場の長時間滞在は無理です。

 

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズにチェックイン

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラ

この日の宿泊先は石垣島の3大ホテルのうちの一つフサキビーチリゾート&ヴィラズ。

広大な敷地に石垣最大のキッズプールや整備されたビーチがあるリゾートホテルです。

 

今回は以前ふるさと納税で入手した旅行ギフトカードを使って日本旅行経由で予約。

 

大概、楽天トラベルなど が安く手配できるのですが、フサキビーチリゾートは日本旅行のサイトでもそれらのサイトと価格変わらずでした。

 

ハイシーズンのリゾートホテルなので一泊最安のヴィラタイプの部屋で6万円超。

旅行ギフトカードないとなかなか手が出ません。

 

早めに着いて荷物預けてプールに行く予定でしたが、お部屋の用意ができているとのことでアーリーチェックインできました。

 

 

tabipanda.hatenablog.com

 

 

室内プールとキッズプールを満喫

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラ キッズプール

台風の影響で屋外プールが利用不可とのこと。

水を抜いて重機で作業していました。

台風通過から既に2日以上経っていましたが、影響の大きさに驚きです。

 

まずは室内プールで遊ぶことに。

室内プールは、スライダーもありかなりの広さです。

浮き輪などの装備も自由にレンタル可能。

 

その後、再開したキッズプールに移動。

遊具仕立てになっているキッズプールは子供たちも大興奮です。

 

琉球新天地で夕食

石垣島 フサキビーチリゾート&ヴィラ 琉球新天地

最終日の夕食はフサキビーチリゾート内の琉球新天地を予約しておきました。

琉球新天地は、八重山料理から中華やアジアのテイストの融合させたお店です。

 

安定の八重山そばに、石垣牛のたたきなど石垣らしい料理に加えて、チリクラブなどアジア料理も堪能。

 

個室ではないですが、囲いがあるソファー席で、周りとの距離もあり落ち着いて食事が出来ました。

 

なんと新型コロナウイルス抗原検査の陰性証明でもらえる安心パスポートで飲食代が5%引きに!

額が大きかったので、割引はありがたいです。

 

石垣島子連れ旅行4日目 石垣島から羽田空港

石垣空港へ移動

フサキビーチリゾートをチェックアウトしてそのまま石垣島空港へ。

レンタカー返却して、お昼前のフライトで羽田空港に帰ってきました。

 

3泊4日石垣島子連れ旅行でかかった費用

トップシーズンの連休ということで宿泊費などかなり高騰していましたが、旅行券などの利用でかなり出費を抑えられました。

飛行機代については、2021年5月から開始されたANAにキュンというキャンペーンで格安に手配でき、支払いはスカイコインで賄え出費ゼロ。

フサキビーチリゾートでの飲食代はやや高めですが、時期や場所を考えるとトータルとしてコストを抑えた旅行になりました。

 

移動費用 約30,000円
 羽田-石垣 飛行機代(ANAにキュンキャンペーン) 0円(ANAマイルからスカイコイン充当で64,020円使用)
 レンタカー(フジレンタカー)(免責・ジュニアシート込み3泊4日)17,250円
石垣-西表島上原 フェリー代(往復 大人2、子供1)10,920円
宿泊費 約30,000円
 ベッセルホテル石垣島(朝食付き 2泊)23,000円

 フサキビーチリゾート&ヴィラズ(朝食付き 1泊) 4,200円(日本旅行ギフトカード60,000円使用)

食事費用 約30,000円
アクティビティ費用 約20,000円
 カヤック&トレッキング(4名) 22,000円
そのほか 約10,000円

 

トータル 117,370円

 

まとめ

今回の旅行のスタートは台風に翻弄されてしまいましたが、石垣島西表島ともに家族みんな大満足です。

 

石垣島では本当にバスクリーンを入れたかのような色の海やリゾートホテルでのプール遊びを、西表島では固有の植物・動物を見て楽しみました。

 

石垣本島に加え、離島をめぐることでいろいろな旅が楽しめるのが石垣島旅行の醍醐味だと思います。

この旅行では行けなかった離島に訪れる目的でまた石垣島を再訪したいです。

 

 

今ドキ水族館!DMMかりゆし水族館

2021年の春休みに沖縄県宮古島に子連れ旅行してきました。

 

このブログ記事では、新しくオープンしたDMMかりゆし水族館へ子連れで訪問した際の感想をまとめています。

 

 

DMMかりゆし水族館

DMMかりゆし水族館

 

基本情報

大型商業施設「イーアス沖縄豊崎」内にある施設です。2020年にオープンした新しい水族館です。

入場料は大人2400円、子供1500円。

 

アクセス

大型商業施設「イーアス沖縄豊崎」内にある施設です。

那覇空港から車で15分、那覇の繁華街から車で30分ぐらいです。

 

住所:沖縄県豊見城市豊崎3-35

 

駐車場

イーアス沖縄豊崎の駐車場が利用できます。

 

DMMかりゆし水族館の子連れおすすめポイント

デジタルな仕掛けがいっぱい

DMMかりゆし水族館

DMMが手掛ける水族館なだけあって、スマホのアプリと展示が連動していたり、プロジェクトマッピングでバーチャルが投影されたりとデジタルな仕掛けがたくさんあります。

 

魚以外の展示もある

DMMかりゆし水族館

水族館の枠を超えて魚以外の展示もされています。

なかなかみることのできないナマケモノもかなり間近で見ることができます。

 

大水槽の上を歩るける

DMMかりゆし水族館

DMMかりゆし水族館には大水槽の上がガラス張りになっており上を歩けるようになっています。

かなり高さがあるので、安全とわかっていても足を踏み出すのは勇気が必要です。

 

DMMかりゆし水族館の子供の反応

DMMかりゆし水族館は、デジタルとの組み合わせで子供が飽きない仕掛けがたくさん。

 

スマホにかりゆし水族館のアプリを入れておけば各水槽のQRコードを読み取りいろいろな解説を取り込むことができ、ゲーム感覚で 魚のことを勉強できました。

まとめ

DMMかりゆし水族館は、同じ沖縄にある美ら海水族館などと比べて規模の小さいこじんまりとした水族館ですが、展示方法に工夫があり、新しいタイプの水族館として楽しむことができました。

【沖縄子連れ旅行記】家族4人かかった費用とおすすめプラン

「沖縄は子供たちが楽しめるスポットや子連れ旅行におすすめのコースはあるのかな?」

「沖縄への子連れ旅行の合計費用って、家族で行くといくらかかるのかな?」

 

日本のビーチリゾート地として不動の地位を築く沖縄。

 

大人だけの旅行であれば、とにかくコスパ追及で弾丸プランや、贅沢なリゾート旅など自由にプランを考えられます。

 

しかし、子供が産まれ、子連れ旅行となると子供のことを考えたプランが必要です。

 

今回のブログでは、私たち家族4人(夫婦&小学生&幼稚園児)が2021年の春休みの3泊4日沖縄本島及び瀬底島滞在で回ったおすすめコースや使った費用を大公開します。

 

この記事はこんな人におすすめ!  ・沖縄ってどんなところか気になった方
・子連れ旅行で沖縄へ行ってみたい方
・子連れ旅行で沖縄へ行く計画がある方

 

 

この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

 

沖縄3泊4日プラン

プランを組むにあたり、飛行機の移動の他はレンタカーなどで移動しできるだけ人との接触を避けるようにしています。

また、飲食はできるだけオープンスペース、または個室、ピーク時間をずらすなどコロナを意識しました。

 

沖縄子連れ旅行1日目 ヒルトン沖縄瀬底リゾートへの移動

羽田空港から那覇空港への移動

沖縄 那覇空港

羽田空港から3時間50分で那覇空港到着。

緊急事態宣言が解除されたため、かなり飛行機の席が埋まっていました。

3分間で空気か入れ替わる換気の良さとマスクの力を信じで搭乗。

 

空港に着いたらレンタカーピックアップ。

今回は沖楽のサイトを通してスカイレンタカーが安かったので予約しました。

那覇空港は空港からレンタカー屋さんまで車で移動&そこそこ混んでいたので出発できるまで少し時間がかかります。

 

御殿山首里本店で沖縄そば

御殿山首里本店 沖縄そば

遅めの昼ごはんとして御殿山(うどぃんやま)の首里城本店へ。

 

到着が15時過ぎだったため、他にお客さんはいませんでした。

 

このお店は沖縄の古民家を利用しており、雰囲気抜群。

換気も良くコロナでも比較的安心です。

 

さっぱりとした沖縄そばは、子供たちもペロリと完食でした。

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾートに宿泊

沖縄 ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

那覇市内から高速で一気に許田ICまで、その先は下道つかってトータル約2時間。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートがある瀬底島へ到着です。

 

瀬底島と本島は瀬底大橋でつながっており、車で行ける島です。

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、2020年夏にオープンした新しいホテル。

室内プールもあり、綺麗な瀬底の海も見え、ゆったりリゾートを楽しめます。

 

ヒルトン系列は公式サイトでベストレート保証しているので公式サイトで予約しました。

 

 

tabipanda.hatenablog.com

 

 

さしみ亭で夕食テイクアウト

ヒルトン沖縄瀬底リゾートがある瀬底島から橋を渡って本島に戻ったところすぐ、テイクアウト専門のさしみ亭で夕食を購入。

さしみのほかに、魚を利用したお総菜なども売っていました。

 

また、さしみ亭の近くのスーパーでお総菜や飲み物を調達。

ホテルに戻り部屋で食べました。

 

沖縄本島子連れ旅行2日目 アンチ浜でシュノーケリング

瀬底島のアンチ浜でシュノーケリング

瀬底島 アンチ浜 シュノーケリング

上の子はグアムに続いて2回目のシュノーケリング、下の子は浮き輪と箱眼鏡で参加です。

 

今回のシュノーケリングツアーは沖縄マリンスポーツ スルルで予約しました。

コロナ対策で1グループづつの予約しか受け付けないので、他の人を気にすることなく楽しめます。

 

海の透明度が高く、アンチ浜の海中はとても美しかったです。ビーチからすぐのところにも魚の群れがたくさんいました。

 

 

tabipanda.hatenablog.com

 

MOKULELEでランチ

MOKULELE 沖縄

シュノーケリング後、瀬底島から本島にわたり、MOKULELE(モンクレール)でランチ。

このお店は、ハワイアン料理のお店で、テラス席もあります。

1人1品頼みましたが、1人前がとってもボリュームあってお腹いっぱいになりました。

 

ホテルの室内プールで遊ぶ

沖縄の3月はまだまだ肌寒い日が多いですが、室内の温水プールなら気温関係なく楽しめます。

(ちなみにほとんど人がいませんでしたが、春休みはすでに屋外プールがオープンしています。↑写真は屋外プールの写真です)

 

ヒルトン沖縄瀬底島リゾートの室内プールはサイズ小さめでスライダーとかもありませんが、子供たちは浮き輪でばたばたと楽しんでいました。

 

ステーキハウス88 美ら海店で夕食テイクアウト

ステーキハウス88 ステーキ弁当

沖縄といえばステーキ、らしいので有名チェーン店でステーキ弁当をテイクアウト。

ホテルの部屋でおいしくいただきました。

 

沖縄本島子連れ旅行3日目 瀬底島から那覇へ・DMMかりゆし水族館

DMMかりゆし水族館

DMMかりゆし水族館 くらげ

翌日の那覇空港への移動を考え、3日目はヒルトン沖縄瀬底島リゾートをチェックアウトし、那覇市方面へ移動しました。

 

その途中でイーアス沖縄に立ち寄り、新しくできたDMMかりゆし水族館へ。

 

規模は小さいですが、新しい水族館ならではのデジタルな仕掛けがいっぱいで子供から大人まで楽しめる施設でした。

 

 

tabipanda.hatenablog.com

 

 

イーアス沖縄でランチ

水族館を出た後、イーアス沖縄の中にはいっているハンバーガ屋でランチをテイクアウト。イーアス沖縄はテラスでランチできる場所も数多くあるので、コロナを考えてテラスで食べました。

 

ホテルストレータ那覇に宿泊

ホテルストレータ那覇 沖縄

那覇市内にあるホテルストレータ那覇

2020年にできたばかりの新しい・おしゃれ・リーズナブルというホテルです。

 

このホテルは美栄橋という比較的繁華街の近くにあるので、近くのレンタカーショップにレンタカーを乗り捨てで返却し駐車場代とレンタカー代を節約。

 

 

tabipanda.hatenablog.com

 

じまんやで夕食をテイクアウト

じまんや 沖縄 那覇 テイクアウト

ホテルストレータ那覇から歩いて10分ぐらいの居酒屋 じまんやで夕食をテイクアウト。

ゴーヤチャンプルやグルクンのから揚げ、モズクなど沖縄らしい料理が楽しめ、比較的リーズナブルです。

ホテルに戻っておいしく食べました。

 

沖縄本島子連れ旅行4日目 さよなら沖縄

那覇空港

朝はゆっくり起きて、ホテルをチェックアウトし、そのまま空港へ。

 

レンタカーは前の日に返却しているのでゆいレールで移動。ちょうど出勤時間にあたり、かなりの混雑でした。

 

那覇空港はお土産屋さんも充実しているので最後にショッピング。

お昼の便で沖縄を後にしました。

 

子連れ沖縄本島旅行にかかった費用

子連れ沖縄本島旅行では、ちょっとリッチにリゾートホテルに2泊したため、宿泊費が高くなっています。

また、シュノーケリングツアーなどもコロナのことを考えプライベートツアーのため、割高かもしれません。

 

移動費用 約9,500円
 羽田-那覇 飛行機代 ANAマイルから交換したスカイコインで充当 0円
 レンタカー(スカイレンタカー)(免責・ジュニアシート込み2泊3日)9,441円
宿泊費 約 80,000円
 ヒルトン沖縄瀬底島リゾート(素泊まり 2泊 サービスチャージ込み) 64,978円
 ホテルストレータ那覇(素泊まり 1泊) 15,340円
食事代 約20,000円
アクティビティ代 約30,000円
 シュノーケリング(4名) 20,274円
 DMMかりゆし水族館 7,800円
そのほか 約15,000円

 

トータル 154,500円

 

まとめ

沖縄はきれいな海やリゾート、商業施設などいろいろなタイプの旅が楽しめる旅行先です。

選択肢が多いので、子連れにあったプランをアレンジしやすい場所だと思います。

 

今回訪れた瀬底島は、車で渡れて他の島に比べて行きやすい島です。

海の透明度も高く、お魚もたくさんいるのではじめてのシュノーケリングにおすすめです。

 

家族4人、沖縄を満喫して楽しい時間を過ごせました。

瀬底島 アンチ浜でシュノーケリング!

2021年の春休みにの沖縄本島と瀬底島に子連れ旅行してきました。

 

このブログ記事では、瀬底島のアンチ浜へ子連れで訪問し、シュノーケリングツアーを体験した時の様子や感想をまとめています。

 

瀬底島 アンチ浜

沖縄 瀬底島 アンチ浜

基本情報

アンチ浜とは、沖縄本島と瀬底大橋でつながっている瀬底島に位置するビーチです。

 

アクセス

沖縄本島と瀬底島は、橋でつながっているため、車で行けます。那覇空港からは高速使って1.5時間ぐらい。

アンチ浜は瀬底島大橋渡ってすぐに位置しています。

 

住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底 アンチ浜

 

 

駐車場

今回、シュノーケルツアーのお店の駐車場に駐車しました。

公共の駐車場もありましたので個人できても車は駐車できそうです。

瀬底島 アンチ浜の子連れおすすめポイント

ブルーグラデーションの海

沖縄 瀬底島 アンチ浜

アンチ浜のビーチは大きな珊瑚のかけらがたくさんあります。

そのおかげで波が来ても砂が舞い上がらず、とても高い透明度の海になっています。

 

晴れた日のブルーグラデーションは一見の価値ありです。

 

珊瑚やお魚がたくさん!

沖縄 瀬底島 アンチ浜

アンチ浜は、遠浅で、ビーチからすぐのところに珊瑚礁やお魚たちがいます。

 

そのため比較的浅いところで、生き物観察ができるので子連れでのシュノーケリングには向いていると思います。

 

ただし、一部海流の流れが早いところもあるようですので、ツアーなどプロの力を借りることをおすすめします。

 

子連れでシュノーケリングツアーに参加してみた!

沖縄 瀬底島 アンチ浜

子連れでもシュノーケリングはできる?

今回予約したシュノーケリングツアーは、4歳から参加可能なプランでした。

 

ですので、海が嫌いでなければ、4歳からシュノーケリング可能です。

 

3歳以下のお子さんを連れてシュノーケリングはちょっときついかもしれません。

 

が、諦めるのはまだ早い!

今回予約したようなプライベートツアーであれば、お子さんを砂浜で遊ばせながら、お父さんとお母さん交代でシュノーケリングすることも可能です。

 

ちなみに幼稚園児はうまくシュノーケルが使えないので、浮き輪と箱メガネスタイルでガイドの方に引っ張ってもらって参加しました。

 

シュノーケリングツアー概要

開催時期:通年

 

対象:4歳以上

 

ツアー主催:沖縄マリンスポーツ スルル

 

料金:5,800円(大人)、5,350円(子供)

 

時間:1時間

 

シュノーケリングツアースケジュール

服の下に水着を着て集合

今回は9:00スタートの回に予約を入れました。

更衣室もあり、その場で着替えられますが、時間短縮のために服の下に着て訪れました。

 

装備のサイズ合わせと着替え

今回は、メガネ、シュノーケル、足ひれのほか、ウェットスーツのレンタルが含まれていました。

まずは、ウェットスーツに着替え。子供用のサイズもあります。

 

アンチ浜ビーチへ移動

ウェットスーツを着たら、シュノーケルショップから歩いてすぐのアンチ浜ビーチに歩いて移動です。

ビーチにはすでにシュノーケルなどの装備が準備されていました。

 

シュノーケリングの練習

シュノーケルを加えて、まずは浅いところで息をする練習。

ここでまさかの上の子が、海の水がしょっぱいとシュノーケル拒否。

 

以前、自前のシュノーケルでシュノーケリングで問題なかったので油断していましたが、その際はお面のような顔全体を覆ったマスク型だったので海の水を飲みことはなかったようです。

 

ただ、練習しているうちに慣れてきたのか、普通にシュノーケリングできるようになりました。

 

いざ、海の中へ!

浅いところでシュノーケルの使い方をマスターしたら、いよいよシュノーケリング開始です。

 

アンチ浜ビーチの海水は本当に透明度が高く、海の中がよく見えます。

泳ぎ始めてすぐにサンゴ礁が見えてきて、その隙間からいろいろな魚が出たり入ったりを観察できました。

 

下の子は、箱眼鏡で十分楽しめていました。

 

ショップに戻ってシャワーと着替え

装備を返却して温水シャワーで砂を落として着替えて終了です。

 

シュノーケリングツアーのコロナ対策

コロナ対策として、今回は1グループのみに制限されていました。

また、シュノーケルなどの器具は消毒済みとのこと。

 

ガイドさんはシュノーケル咥えてない時は、濡れても大丈夫なマスクされていました。

 

コロナ災でも安心して参加できるツアーです。

 

シュノーケリングツアーの感想

ビーチからすぐの浅い場所で綺麗なお魚がたちが見れたのは感動でした。

幼稚園児も箱メガネで一生懸命探して楽しんでいました。

 

シュノーケリング自体は、個人でもできるのですが、沖縄とはいえ、春休みの海はまだまだ冷たくウエットスーツがあった方が安心です。

 

そういった装備もレンタルできて、子供の安全も確保してもらえるツアーでのシュノーケリングでよかったと思いました。

 

まとめ

アンチ浜ビーチは海の透明度が高く、サンゴ礁やお魚も豊富で素敵なビーチでした。

 

今回利用したスルルさんは、プライベートツアーなので融通が利いて子連れにはとても助かるツアーを体験できました。

 

瀬底島へ行かれる際は、アンチ浜でぜひシュノーケリングを楽しんでみてください。

ヒルトン沖縄瀬底島リゾートで癒され滞在!【宿泊口コミレポ】

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

2021年の春休みに行った沖縄本島への3泊4日の子連れ旅行。

1日目、2日目の夜に瀬底島にあるヒルトン沖縄瀬底リゾートへ宿泊した時の情報や感想をまとめています。

 

まだ開業して間もなく情報も少なかったので、これから子連れで宿泊予定の方や沖縄本島で子連れでリゾート滞在できるホテルを探している方の参考になれば幸いです。

 

それでは、子連れヒルトン沖縄瀬底島リゾートの宿泊口コミレポをご覧ください♪

 

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾート

宿泊メンバー

旅パンダ父(40代会社員)、旅パンダ母(30代主婦)、小学生、幼稚園児

 

ルームカテゴリー

予約したのは、ゲストルームオーシャンビュー(ツイン)。

幼児は添い寝無料、小学生は残念ながら大人と同額でした。

幼児は添い寝2名まで。

 

ベストレート補償でヒルトン公式サイトから予約し、二泊で64,978円でした。

 

アクセス

沖縄本島と瀬底大橋でつながる瀬底島に立っているホテル。

美ら海水族館今帰仁城などか近くにあり観光の拠点にも便利な立地です。

住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底5750番地

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾートの共用スペース

エントランス・ロビー

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

入り口では沖縄らしくシーサーがお出迎え。

 中に入るとガラス張りの開放的なロビーと、広々したフロント。

 

入り口でウェルカムドリンクがあったようですが、チェックインが遅かったのでありませんでした。

 

ロビーから直接テラスへ出ることができ、オープンスペースのソファでくつろぐことができます。

 

売店

ロビーの端っこに売店がありました。

ビールや缶チューハイ、ジュースなどや雑貨などが売っています。

値段も割高で品揃えはイマイチなので、余裕があれば瀬底大橋を渡ったところにあるスーパーで買った方がいいかもしれません。

 

プール

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

プールは屋外プールと屋内プールの2か所。

まだまだ肌寒いですが、屋外プールもオープンしていました。

 

屋内プールは温水で通年利用可能。こじんまりした長方形プールとジャグジー

子供用プールはないので浮き輪か親が支える必要があります。

 

ランドリー

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

全自動のランドリー完備。洗剤も投入不要です。

水着や着替えなど洗濯できて子連れにはありがたい設備でした。

 

駐車場

駐車券をフロントで発見してもらうと自由に出し入れすることができます。

今回の宿泊プランでは駐車場利用が無料でしたが、本来は有料とのこと。

 

瀬底ビーチ

瀬底ビーチ

隣接する瀬底ビーチはプライベートビーチではないですが、ホテル敷地内から直接ビーチに出ることができます。

 

ヒルトン沖縄瀬底島リゾートの客室

ベッドルーム

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

シックで落ち着いた印象のベッドルームです。

丸テーブルと椅子があったので、ここでテイクアウトの夕食などを食べました。

 

また、初めて部屋に入る際に「消毒済み」マークの封がされており、コロナ対策に気が使っていることがうかがえます。

 

バスルーム(浴室・トイレ)

バスルームは独立で洗い場のあるタイプ。

お風呂からの景色確保のため、バスルームとベッドルームの間にガラス窓があります。

開けていると解放感ありますが、やや恥ずかしいのが難点。

 

トイレはウォシュレット付きで快適でした。

 

アメニティ

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

他のヒルトンと同じシリーズのアメニティ。

子供用にはかわいらしい歯ブラシがついていました。

 

また部屋着は子供サイズも準備されていました。

 

バルコニー

ヒルトン沖縄瀬底島リゾート

バルコニーにはテーブルと椅子があり、高い透明度を誇る瀬底ビーチが見渡せます。

瀬底ビーチの先には水納島なども見え、景色は最高です。

 

Wi-Fi環境

有料のプレミアムWi-Fiにしなくても、特に問題なくWi-Fi利用できました。動画も正常に再生されました。

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 総評・感想

f:id:tabipanda:20220305142446j:plain

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは、出来たてほやほやの真新しいホテル。

設備や館内は綺麗で快適に過ごせました。

 

宿泊当時は、すぐ隣にヒルトンタイムシェアを建設中で周辺は工事中の景色だったのがちょっと残念。

 

ヒルトンリゾート系は、小学生が添い寝無料にはならず、素泊まり1泊3万円以上と小学生連れにはやや割高ではありますが、それを補う素敵な景色が堪能できます。

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾート子連れでもゆっくりとした時間を過ごすことができるホテルだと感じました。